殺虫剤

Blender orCG関連
03 /06 2017
コミュニティをのぞいたりMMDを触ってたりすると、モデリングの練習をすべきだと思いまして...
そばに置いてあった殺虫剤を作りました。
一度作ろうとしてあきらめた過去があったので、今回はリベンジとなります。
201703061120.png

201703061119.png

すごく見えずらいのですが、上部のトリガー ノズルとそのキャップは複雑な形をしていて、
作るのに苦労しました...といっても全体の作業時間自体は2~3時間ほどなのですがね。

201703061121.png

時間こそかかりましたが、なんとか持っていけました。
Blenderで作成したシェイプキーをそのまま使えたので、ノズルが稼働するようになっています。




それでは\(^o^)/サヨウナラ
スポンサーサイト

MMD 戦車

Blender orCG関連
03 /06 2017
学校の卒業や、就職の為に必要な免許の取得等、最近は割と忙しくて、空いた時間はゲームしたりしてましたw
前回のたいそうな目標はぼちぼちやっていくことにしましょうw
もちろん投げたりはしませんよ?プログラミングに関しては(白目

ニコニコ動画のコミュニティを見ていたところ、ガルパンの話で賑わっていたのが嬉しくて、久々にMMDを触ってみましたw


Aviutlにてテキトーな編集がされております

MMDはいいですね
基本操作だけ使うのであれば、知識がなくてもモーション制作が簡単に行えますし
高等テクニックとかそういうのはまずモデルを作って持っていけるようになってからですねw



それでは\(^o^)/サヨウナラ

プログラミング

プログラム言語
02 /02 2017
ゴジラの制作をしながら考えていた最終目標は

"メッシュデータやテクスチャを含むマテリアルの設定、
IKを使ったリグの情報などをゲームエンジンに取り込んで
ゴジラを歩かせてみる"


技術的問題云々よりも、そもそもそういったことができるのかは現在不明
なわけで、この通りに実現できるかはわかりませんが、最終的にはゴジラ
を歩かせたいわけです。


そんなことを考えながら、Youtubeを見ていたとき、たまたまこの動画を見てしまいました。


BTTF:LCの作りかけのビルド....

悔しい...
ここまで作りこんでおいて途中で投げてしまうなんてもったいなすぎる

もし自分が技術者であれば、ぜひとも開発を申し出たいのですが、
残念ながらそんな技術は持ち合わせていません。

ただ、今は無理でもいつかは似たようなプロジェクトを自分でやれ
るかもしれません。(というかやりたい)

そう考えると、今やろうとしているこの”ゴジラを歩かせる”
というプロジェクトは、いい足掛かりになるのではないかと思いました。

当初、Unityでの開発を考えていたのですが、Unreal Engine 4での
開発に変更、それに伴いC言語の学習をしてみることにしました。

というわけで、先日からゴジラを放りっぱなしでC言語をかじっているのですが、
なかなか理解できず...

とりあえず作ったプログラムがコチラ

#include

/*消費税込みの計算*/


int main(void)
{
int kin;

/*ループ*/
while (1){

/*入力*/
printf("税抜価格を入力してください:\n");
scanf("%d",&kin);
if(kin==0)break;
/*計算と表示*/
printf("消費税込みで%d円です。\n",(int)(kin*0.08+kin));

printf("元の数%d円\n",kin);
}
return 0;

}


消費税を計算するプログラムです。
while文とか意味わからなくて、プログラミングの経験がある弟に
使い方を教えてもらいました。

少しづつではありますが、いつかUE4での開発に活かせたらなぁと思っています。


それでは\(^o^)/サヨウナラ

ゴジラ5

Blender orCG関連
01 /25 2017
いろいろといじくりまわしているうちに、かなり見た目が変わってしまいました(^^;


untitled.png


untitled2.png

行き当たりばったりで作っているとこうなってしまうんですよね....。
前よりゴジラっぽく近づいていればいいのですが.....。



それでは\(^o^)/サヨウナラ

ゴジラ4

Blender orCG関連
01 /24 2017
20171241253.jpg
ゴジラをスカルプトしていた時、あることに気が付きました。

腕の位置おかしくね?
そういうわけで修正を施したわけなのですが、なんか変な感じになってしまったので、修正を重ねに重ねて...

気が付けばこれおかしいなと思ったところを片っ端から修正していました。
結果、ローポリなゴジラと、スカルプトしたゴジラとの形状に差が出すぎてしまい、法線マップを生成する目的での使用ができなくなってしまいました。
使えないレベルになるまでデータ容量が大きいということはないため、
もともとの目的とは食い違ってしまいますが、この際このモデルを使って制作を続けることにしました。

今回のモデル制作において、
1、あらかじめある程度の形をモデリングしたうえでスカルプト作業に持っていくこと
2、法線マップの生成に触れることができたこと
3、Blenderにおいてのスカルプト機能を使えたこと

これらの収穫があったので、多少目的はずれてしまいますがよしとします。

あと、これは友達と話し合ったことなのですが、毎度自分が作る作品は観察が不十分なため、いろんなアレンジが加わってできています。(下絵がある場合は別ですが)

今回作成しているゴジラも、ものを見ながら作ったとはいえ、忠実に再現できているかと言えばそうではありません。
本来は忠実に再現できなければいけないところなのかもしれませんが、一般人が趣味で作っている産物にすぎない以上、あまり過度に気にしすぎないことにしました。(要は妥協するということです)
かの有名な日本人モデラーさんは、納得がいくまで作り直したそうですが、自分にはまねできませんねw

というわけでこのゴジラも、筋肉のつき方などは真似て作っているのですが、全体像を見てみると全然違う外見となっています。
20171241249.jpg

20171241250.jpg

20171241251.jpg

20171241252.jpg

大きな変更としては、

腕の位置や盛り上がり方の修正
足のほぼ全体の形状修正

です。

初音ミクに ~式ミク といったのがあるように、ryou4433式ゴジラ といったところでしょうか?w
自分なりのアレンジが加わったゴジラ、作っている身としてはなんとなく愛着があるのですがどうでしょう?w

20171241254.jpg


それでは\(^o^)/サヨウナラ

ryou4433

映画「BACK TO THE FUTURE」やアニメ「ガールズ&パンツァー」が大好きな社会人です
HNCCのメンバーであり、趣味で3DCGに手を出したりしてます。
ブログでは主に自分が作った作品や、ゲームのことについて書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。