カチューシャ 2

Blender orCG関連
03 /24 2015
bandicam 2015-03-24 02-01-08-278

これまでの作業進捗です。

~平行投影~
まつげ、目、口内を追加。
まっ平だった頰を少し膨らませました。
bandicam 2015-03-24 02-01-23-763

頭を大きく修正しました(頂点スムーズを使いまくった結果ガタガタだった頭がかなり滑らかになりました)
まっ見えないんだけどねっ
bandicam 2015-03-24 02-01-36-209

~透視投影~
bandicam 2015-03-24 02-01-54-418

bandicam 2015-03-24 02-01-59-178

今回は今までのように、完成を急いでしまう衝動を押さえつけて、できるだけ凝った作品にしたいです。
なので口内も納得いくまで作りこみます。
bandicam 2015-03-24 02-02-18-049

そう、今までの僕は知らぬ間に完成を急いで手抜きしてたところがありました。
これではまるで趣味ではなく義務のような感じになってしまいます。
これからは、一つ一つの作品を大事に、自分の納得がいくまで凝っていきたいです。


それでは\(^o^)/サヨウナラ
スポンサーサイト

カチューシャ

Blender orCG関連
03 /23 2015
久しぶりのBlender記事です。
全然さわってなかった(恐竜以来)なので半年ぶりくらいになるのでしょうか?
操作方法とか忘れてるかと思いきや、手が覚えてるものなんですねw

今回作成しているのは「ガールズ&パンツァー」に登場するプラウダ高校出身カチューシャさんです。

先日ニコニコ動画のクリエイター系コミュニティー「あのキャラを動かしたい」に参加させていただきました。
このコミュニティーはMMD向けのモデル、モーションを制作、共有していらっしゃる所なのですが、
僕は、MMD未経験者ですし、出来ることはモデルをつくることだけで、テクスチャの作成やマッピング、
リギングやモーフの作成といったことが出来ません。
「せっかくMMDのコミュニティに参加させてもらったのなら、MMDで活躍している誰かの役に立ちたい!」
そう思い、久々にBlenderを起動したのでした。
これを気に、Blenderで作ったモデルをMMDに持っていくと言う一連の流れを出来るように勉強するつもりです。

急に話がコミュニティの事になりましたが、なぜカチューシャさんなのかというと、
カチューシャさんはMMDでのモデル配布がされていません。
他の主要なキャラクターたちは既に凄腕モデラーさんたちによって作成、配布されているのですが、
カチューシャさんはありません。
ガルパンが好きな僕は、どうしてもカチューシャさんのモデルがほしかったのです。

「無いなら作ろう...」
このコミュニティのプロフィールの言葉なのですが、心動かされました。
実際僕がCGをはじめた理由は、「無料だから」「映画で動いていた恐竜やデロリアン動かしたかったから」
「ゲーム作ってみたかったから」と...
どれも自分の手にないものを作りたかったからなのです。
無いなら作ろうというこの言葉は、僕を初心に連れ帰ってくれた気がします。

と言うわけで久々にBlenderにてモデルを製作していると言うわけです。

現在の制作状況はこんな感じ
bandicam 2015-03-23 15-41-11-722

bandicam 2015-03-23 15-41-23-319

bandicam 2015-03-23 15-40-53-329

bandicam 2015-03-23 15-40-47-643

bandicam 2015-03-23 15-41-29-486

bandicam 2015-03-23 15-40-55-773

なんか前置き長かった割に完成度がひどいことになってますがとりあえずこれから修正していくので...

顔は多分こんな感じなんじゃないでしょうか?
後頭部に関しては髪の毛で隠れるので問題ないかと...
ただ頭がほっそりしすぎてるのでなおさなければなりませんね。
後ろから見てもかわいく見えるようなそんなモデルになることを祈っております。

最後まで完成できるのかというのは、結構前につくっていた超電磁砲が物語ってますが、
今回こそは春休みと言うこともかんがえて頑張っていきたいと思います。


それでは\(^o^)/サヨウナラ

カーソル

Blender orCG関連
03 /21 2015
前記事にて製作していたマウスカーソルなのですが、完成しましたので配布しようと思います。
素人が作ったものなので微妙かもしれませんが、個人的には良く出来たほうだと思うので戦車好きな方や
ガルパン好きな方に使っていただけると幸いです。

Redemeに使い方を書いておくので、よくわからない方はそちらを読んで使ってください

DL

それでは\(^o^)/サヨウナラ

タンクバトル!

Steam
03 /18 2015
WarThunderというゲームは前記事で説明したとおり、陸・空で戦うゲームです。
僕は主に陸しか遊んでないのですが、個人的にいいプレイができたのではと思う対戦があったので、そのリプレイを
ゲームの紹介を兼ねて上げます↓

この戦車はドイツの初期戦車から二番目に作れる通称3凸(F型)です。
僕が主に使ってるのはマークⅣスペシャルと呼ばれる戦車なのですが、この対戦ではマークⅣスペシャルを
出す前に対戦終了してしまったので、3凸しか使っていません。

自慢できる立ち回りではありません(まさにハイエナ戦法)し、レベルもまだまだ低いのでこんな感じだという
紹介動画としてみていただければ幸いです。

戦車の知識もまったくの素人レベルですので間違い等ありましたらコメントお願いします。

ちなみにこの戦車はMMDにすごいモデルを作っていらっしゃる方がいます。

この方は、車両関係のMMD界のなかでも定評のある、実績のある方だそうで、実際この方の
過去動画にて配布されているモデルは完成度がすごいものが多々あります。
この動画見て僕も戦車作りたいな~なんて思いましたけどまぁどうせ作れないのは目に見えてるので
それはまたいつか考えるとします。
※迷惑でしたら記事から消しますのでご指摘お願いいたします。




それでは\(^o^)/サヨウナラ

RealWorld Cursor Editor

Blender orCG関連
03 /14 2015
今回は、マウスカーソル制作エディタ、「RealWorld Cursor Editor」をご紹介します。

前記事でも言っていた通り、現在僕は「ガールズ&パンツァー」に大変ハマっておりまして、
デスクトップをそれらしく出来ないものかと考えました。

思い当たったうちでは

・壁紙を変えてみる
・スクリーンセーバーを変えてみる
・マウスカーソルを変えてみる

でした。
起動音とかも変えられると言うのをこのときは忘れていて、
記事を書いてる最中に思い出しましたw

で、壁紙は変えました。
スクリーンセーバーは探してみましたがそれらしいものがなく...
自作しようと少し調べましたが、Office系ソフトを使ったものや、mp4再生など、思っていたものがなく、
調べ続けた結果プログラミングできないと無理だといった判断にいたりました。

マウスカーソルも同様に調べたのですが思ったものがなく、自作できないものかと調べてみたら、
「彩彩畑」というソフトに出会いました。「これでカーソル作れる!」と大喜びで早速戦車を形作ってみたのですが、
これが自分的にかなり満足のいくものに仕上がって喜んでいました。
ただ、このソフトだとアニメーションが出力できません。
砂時計の変わりになるものが作れないとなると困るので、また別のソフトを探していたそのとき、
窓の社で紹介されていた、この「RealWorld Cursor Editor」に出会いました。

ここまで長い前置きでしたが本題です。

このソフト、半信半疑で導入してみたのですが、かなり高機能で驚きました。
このソフトは標準で日本語対応なのでとりあえずオプションから日本語化しました。

エディタの画面
上部にたくさんのツールが並んでいます。
bandicam 2015-03-14 03-16-06-752

基本的にやれる事は普通の画像編集ソフトと同じ(といっても高機能なものとですが)なので特筆すべきことは
余り無いのですが、驚いた機能がありました。

それがこちら
bandicam 2015-03-14 03-19-13-190

「傾斜角」というモードなのですが、右上の矢印を動かすことによって、
ドット絵に光を当てることが出来ます。
他のソフトでも普通にある機能だったりするのかもしれませんが、かなり驚きました。

これを使って出来たアニメーションがこちら
aero_busy_l.gif

なかなかいい感じに仕上がってるのではないでしょうか?

アニメーションの作成もすごく簡単にでき、あっという間に砂時計の変わりを製作することができました。

PCで絵を描くことがまったくと言うほどない僕でも簡単にカーソルを作ることが出来ました。
UIも親切設計で非常にとっつきやすいものとなっているので、これから自作してみたいと言う方にお勧めです!

「彩彩畑」もドット絵のツールとしてとても使いやすかったのでオススメですよ!

彩彩畑 - DL

RealWorld Cursor Editor - DL



それでは\(^o^)/サヨウナラ

WarThunder

Steam
03 /12 2015
今回は、WW2で活躍した兵器でバトルする「WarThunder」を紹介します。
WarThunderは、陸・空・海、すべての戦場を網羅すべく現在も頻繁にアップデートが行われているゲームです。
あくまで兵器が主眼のゲームなので歩兵は存在しません。
現在は空で戦う戦闘機バトルと、陸で戦う戦車バトルしか存在しませんが、いずれは戦艦も追加される予定だそうです。
この間のアップデートで、戦車バトル時に戦闘機に乗ることが出来るようになりました。
陸・空での戦いは現時点で可能です(まだおまけ程度ですが)

World of Tanksと間違われることがありますが別ゲーですので間違えないようにしましょう。


長い前置きはさておき、ゲームの内容を紹介していきます。

前述どおり、現在は陸・空とあるわけですが、WarThunder自体、空をメインにアップデートしてきているため、
まずは空から紹介していきましょう。


ゲームを起動したら、ガレージが表示されます。
このガレージは戦車も戦闘機も共用です。
国ごとにガレージが分かれているので戦車と戦闘機、違う国を選んでやることをオススメします。
そうすれば戦車も戦闘機もフルにガレージを使うことが出来るので。
(もちろん使いたい車両の国籍がかぶる場合は使い分ければいいだけの話なのですが)
aces 2015-03-12 16-30-36-287

自分の使いたい国は、左下の国旗を選択することで選ぶことが出来ます。
最初からすべての機体が使えるわけではありませんが、「零戦に乗りたい」など、自分の目標
を立てておくと、国を選ぶのに迷うことはないと思われます。(国ごとに機体の特徴が違うのでその辺は調べましょう)
国が決まったらいざ出撃です。上部の「出撃」ボタンをクリックしましょう。

マッチングが開始されるとこのような画面になります。
ガレージにある機体がそれぞれ表示されているので好きな機体を選んで出撃しましょう。
aces 2015-03-12 16-30-56-705

出撃直後の画面はこんな感じです。
初期設定だと、「Vキー」を押すと視点の切り替えが出来、「Cキー」を押しながらドラッグで周りの眺めを見る事が出来ます。
aces 2015-03-12 16-31-09-272

主観視点
丁寧に作られたコックピットの計器類はしっかり動いています。
aces 2015-03-12 16-31-15-160

Cキーでキョロキョロ
aces 2015-03-12 16-31-23-417
aces 2015-03-12 16-31-19-399

機体の操縦は、「Wキー」で加速、「Sキー」で減速、「A、Dキー」で機体を傾けます。
飛んでいる間、機体はマウスカーソルに沿って動くので、真ん中の丸いカーソルを使って機体を制御しましょう。
丸いカーソルは、機体の向く方向を指すことになるので、丸いカーソルを敵機体に合わせてクリックすれば、
敵に攻撃することが出来ます。
といっても、WarThunderにはしっかり弾道計算が組み込まれているため、
そのまま敵に合わせたってまずあたりません。
どうするかというと、敵機体の前方には、目安となる四角形が表示されていますので
それに狙いをあわせて撃ちましょう。

主観視点
aces 2015-03-12 16-31-41-269
背後目線
aces 2015-03-12 16-31-51-218

戦闘の始まりや終わりなどの画面の移り変わりのロード画面では、カッコイイイラストと、プレイヒントが表示されます。
aces 2015-03-12 16-35-00-059

WarThunderにはゲームモードがいくつかあって、リアルなものにすることが出来ます。
ガチでリアルな戦場で戦いたいと言うかたは、リアリスティックモードをやってみるといいのではないでしょうか?
※注:言うまでもありませんが超難易度高いです。
aces 2015-03-12 16-35-15-827

空の次は陸です
僕は、もともと空をやるつもりでWarThunderをプレイしていたのですが、
最近「ガールズ&パンツァー」を見まして、どっぷりはまってしまったのですよw
それで、主人公たちが操るIV号戦車に強い憧れを抱いた結果、いつしか陸メインになっていましたw

空・陸共通で、ガレージの機体は研究によって強化していくことが出来ます。
また、研究により新しい車両の開発が出来たりと研究は大事です。
研究は、戦地に赴くことで進みます
(課金ですぐにアンロックできるのですが達成感や喜びが薄いのでおすすめしません。)

ガレージに表示するとこんな感じ
これはIV号戦車F2型で、IV号戦車初、75mm長砲身砲塔を搭載しています。
aces 2015-03-12 16-35-33-098

基本的な操作方法は空と変わらないので早速出撃

スタート地点
どこかの密林という名前のマップです
aces 2015-03-12 16-36-50-053

市街地と違い、険しい道が多いので走破性に長けていないと動きが悪くなってしまいます。

履帯に沿って泥が飛び散るのですがこれがまたなんとも
この泥の中を走ってる感じがすごくカッコイイです
aces 2015-03-12 16-36-55-076

浅瀬であればこの通り、渡っていくことが出来ます。
もちろん深いと沈んでしまうので良く考えて走りましょう。
aces 2015-03-12 16-41-33-850

自分の車両に見とれていたらあっという間に撃破されました。
このゲームには、操行の厚みや、弾の貫通性、撃つ距離、角度などいろんな要素があります。
中に積まれている弾の位置などもあるので、当たり所が悪ければ弾薬庫が爆発したり燃料タンクが爆発したりし、
一撃で撃破される場合が多々有ります。
これに関しては、立ち回りによって回避することが出来ますので慣れましょう。
僕は未だに撃破されることが多いですw
aces 2015-03-12 16-38-31-356

これも陸・空共通なのですが、戦闘を重ねると搭乗員の経験値をレベルとして割り振ることができるようになります。
これがあるだけでかなり変わってくるのでしっかり割り振っていきましょう。
aces 2015-03-12 16-47-04-682

戦車に関しても戦闘機に関しても、これだけでは書き足りないくらいたくさんの要素があります。
実際弾の当たり判定なんかももっと詳細に書くことがあるのですが、長文になってしまうため省きます。

前述どおり、課金制度があるのですが、結局は戦況の読みや立ち回りによって変わってくるゲームなので
そんなに極端な差が出る事はあまりありません
(もちろん軽戦車と重戦車では違いは有ります。これは戦闘機にもいえる事です)
あくまでゲームの進行を早くする程度ですし、課金で手に入るきたいも数は多くありません。
基本無料でやり込めてしまうのがWarThunderのいいところです。

この記事を読んで興味を持ってくれた方がいたら、是非サイトより登録&ゲーム開始してみてください!



それでは\(^o^)/サヨウナラ

Unreal Engine 4 無償化

未分類
03 /03 2015
なんとなんと、あのUnrealEngine4が月額制から無償化したそうです!
「公開から今までかなりの人口が増えたけど、もっといろんな人に触ってもらうには障害がないほうがいい」という
考えのもとだそうですがかなり大胆ですよねw

UE3のときは無料版、有料版で使える機能が制限されていましたが、UE4ではどうなるのでしょうか?

UE4が無償化したことにより、世界のインディーズデベロッパも
お手頃にクオリティの高い作品に着手することが出来るようになりました。
これからどんなゲームが開発されていくのかとても楽しみです!

GIGAZINE
4Gamer.net

Live2D

Blender orCG関連
03 /02 2015
映画、「ALIEN」に登場するエイリアンのリボルテックフィギュアが海洋堂で発売されていたので買ってみたのですが、
驚きの完成度でびっくりしましたw
ぶれまくりの画像ですが、もともとLINEのタイムラインに貼ってた画像なのでご了承ください

9t0ofkjahefjnjnafwljafe;jwjp;jer;wpjkrepowiirw2323

4h3698fosujefjslkdfn sfnehfjjepfewjpjr

2d3heoijfjfdn fjj1j2j12j1j2jl1lk2j,m1kl;1k;l12

この写真を撮り終えた後に、口がもっと開き、中の口ももっと飛び出すことに気がつきました。

かっこよすぎてヤバいですハイ。
フィギュアをデスクに置いたことがない(ゴジラ関連はフィギュアじゃない)のですが、
コイツだけは置いておこうと思います。

そのほかにもwebカメラも購入したのですが、イマイチわからず買ってしまったため、
200万画素というものがいかに低画質かというのを思い知らされましたw
画素って千単位であるんですね。こんな知識もないとかオワットル
とりあえず安かったしよしとします。

そして、4月から放送の「長門有希ちゃんの消失」ですが、キャストがまんまですごく喜んでます!
制作会社が違うため声優変わるかと思って心配してたのですがぜんぜんそんなことないんですね!




と、ここまでは今日一日で興奮したことでした。
そういえば僕の最近の記事は日記みたいな内容がたまに含まれるようになった気がします。
まぁブログってそんなもんですよねw



この長門有希ちゃんの消失については、いつも僕が読んでる情報サイト、
「GIGAZINE」の春季放送アニメのまとめで読んだものだったのですが、
「Live2D」についての記事もあったので見ていました。

すると、どうやらLive2D自体は無料で公開されているとの事だったので早速落としてきました。
まさか一般向けに出てるなんて知らなかったので驚愕でした。

インストール後、デスクトップには「Live2D Cubism Modeler」「Live2D Cubism Animator」
2つが生成されており以下はそれぞれ起動画面です。

Animater
bandicam 2015-03-02 02-20-57-333
Animeterは起動時にプロジェクトの選択をします
bandicam 2015-03-02 02-21-11-410

Modeler
bandicam 2015-03-02 02-20-06-470

bandicam 2015-03-02 02-20-25-055


UIだけみて思ったことは、「どう使えばいいんだこれ....。」
好奇心だけでDLしたため使い方はわかりませんが、がんばったらこんな動画も作れるそうです。


現在公開されているバージョンでは全角度から...とまではいかないそうですが、
近々360度から2Dを見る事ができるようになるそうです。
GIGAZINEの記者さんが、Oculus Riftを使ってLive2Dで作成されたモデルを見た感想を書いているのですが、
「顔(Live2Dで作成された部分)だけが平面で、3Dと融合している」だそうです。
これってニャルラトホテプが初登場したときみたいな感じってことでしょうか?
なんにしてもすごい技術だと思うので、これからの進化が楽しみです!

Live2D

それでは\(^o^)/サヨウナラ

ryou4433

映画「BACK TO THE FUTURE」やアニメ「ガールズ&パンツァー」が大好きな社会人です
HNCCのメンバーであり、趣味で3DCGに手を出したりしてます。
ブログでは主に自分が作った作品や、ゲームのことについて書いています。