スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WarThunder

Steam
03 /12 2015
今回は、WW2で活躍した兵器でバトルする「WarThunder」を紹介します。
WarThunderは、陸・空・海、すべての戦場を網羅すべく現在も頻繁にアップデートが行われているゲームです。
あくまで兵器が主眼のゲームなので歩兵は存在しません。
現在は空で戦う戦闘機バトルと、陸で戦う戦車バトルしか存在しませんが、いずれは戦艦も追加される予定だそうです。
この間のアップデートで、戦車バトル時に戦闘機に乗ることが出来るようになりました。
陸・空での戦いは現時点で可能です(まだおまけ程度ですが)

World of Tanksと間違われることがありますが別ゲーですので間違えないようにしましょう。


長い前置きはさておき、ゲームの内容を紹介していきます。

前述どおり、現在は陸・空とあるわけですが、WarThunder自体、空をメインにアップデートしてきているため、
まずは空から紹介していきましょう。


ゲームを起動したら、ガレージが表示されます。
このガレージは戦車も戦闘機も共用です。
国ごとにガレージが分かれているので戦車と戦闘機、違う国を選んでやることをオススメします。
そうすれば戦車も戦闘機もフルにガレージを使うことが出来るので。
(もちろん使いたい車両の国籍がかぶる場合は使い分ければいいだけの話なのですが)
aces 2015-03-12 16-30-36-287

自分の使いたい国は、左下の国旗を選択することで選ぶことが出来ます。
最初からすべての機体が使えるわけではありませんが、「零戦に乗りたい」など、自分の目標
を立てておくと、国を選ぶのに迷うことはないと思われます。(国ごとに機体の特徴が違うのでその辺は調べましょう)
国が決まったらいざ出撃です。上部の「出撃」ボタンをクリックしましょう。

マッチングが開始されるとこのような画面になります。
ガレージにある機体がそれぞれ表示されているので好きな機体を選んで出撃しましょう。
aces 2015-03-12 16-30-56-705

出撃直後の画面はこんな感じです。
初期設定だと、「Vキー」を押すと視点の切り替えが出来、「Cキー」を押しながらドラッグで周りの眺めを見る事が出来ます。
aces 2015-03-12 16-31-09-272

主観視点
丁寧に作られたコックピットの計器類はしっかり動いています。
aces 2015-03-12 16-31-15-160

Cキーでキョロキョロ
aces 2015-03-12 16-31-23-417
aces 2015-03-12 16-31-19-399

機体の操縦は、「Wキー」で加速、「Sキー」で減速、「A、Dキー」で機体を傾けます。
飛んでいる間、機体はマウスカーソルに沿って動くので、真ん中の丸いカーソルを使って機体を制御しましょう。
丸いカーソルは、機体の向く方向を指すことになるので、丸いカーソルを敵機体に合わせてクリックすれば、
敵に攻撃することが出来ます。
といっても、WarThunderにはしっかり弾道計算が組み込まれているため、
そのまま敵に合わせたってまずあたりません。
どうするかというと、敵機体の前方には、目安となる四角形が表示されていますので
それに狙いをあわせて撃ちましょう。

主観視点
aces 2015-03-12 16-31-41-269
背後目線
aces 2015-03-12 16-31-51-218

戦闘の始まりや終わりなどの画面の移り変わりのロード画面では、カッコイイイラストと、プレイヒントが表示されます。
aces 2015-03-12 16-35-00-059

WarThunderにはゲームモードがいくつかあって、リアルなものにすることが出来ます。
ガチでリアルな戦場で戦いたいと言うかたは、リアリスティックモードをやってみるといいのではないでしょうか?
※注:言うまでもありませんが超難易度高いです。
aces 2015-03-12 16-35-15-827

空の次は陸です
僕は、もともと空をやるつもりでWarThunderをプレイしていたのですが、
最近「ガールズ&パンツァー」を見まして、どっぷりはまってしまったのですよw
それで、主人公たちが操るIV号戦車に強い憧れを抱いた結果、いつしか陸メインになっていましたw

空・陸共通で、ガレージの機体は研究によって強化していくことが出来ます。
また、研究により新しい車両の開発が出来たりと研究は大事です。
研究は、戦地に赴くことで進みます
(課金ですぐにアンロックできるのですが達成感や喜びが薄いのでおすすめしません。)

ガレージに表示するとこんな感じ
これはIV号戦車F2型で、IV号戦車初、75mm長砲身砲塔を搭載しています。
aces 2015-03-12 16-35-33-098

基本的な操作方法は空と変わらないので早速出撃

スタート地点
どこかの密林という名前のマップです
aces 2015-03-12 16-36-50-053

市街地と違い、険しい道が多いので走破性に長けていないと動きが悪くなってしまいます。

履帯に沿って泥が飛び散るのですがこれがまたなんとも
この泥の中を走ってる感じがすごくカッコイイです
aces 2015-03-12 16-36-55-076

浅瀬であればこの通り、渡っていくことが出来ます。
もちろん深いと沈んでしまうので良く考えて走りましょう。
aces 2015-03-12 16-41-33-850

自分の車両に見とれていたらあっという間に撃破されました。
このゲームには、操行の厚みや、弾の貫通性、撃つ距離、角度などいろんな要素があります。
中に積まれている弾の位置などもあるので、当たり所が悪ければ弾薬庫が爆発したり燃料タンクが爆発したりし、
一撃で撃破される場合が多々有ります。
これに関しては、立ち回りによって回避することが出来ますので慣れましょう。
僕は未だに撃破されることが多いですw
aces 2015-03-12 16-38-31-356

これも陸・空共通なのですが、戦闘を重ねると搭乗員の経験値をレベルとして割り振ることができるようになります。
これがあるだけでかなり変わってくるのでしっかり割り振っていきましょう。
aces 2015-03-12 16-47-04-682

戦車に関しても戦闘機に関しても、これだけでは書き足りないくらいたくさんの要素があります。
実際弾の当たり判定なんかももっと詳細に書くことがあるのですが、長文になってしまうため省きます。

前述どおり、課金制度があるのですが、結局は戦況の読みや立ち回りによって変わってくるゲームなので
そんなに極端な差が出る事はあまりありません
(もちろん軽戦車と重戦車では違いは有ります。これは戦闘機にもいえる事です)
あくまでゲームの進行を早くする程度ですし、課金で手に入るきたいも数は多くありません。
基本無料でやり込めてしまうのがWarThunderのいいところです。

この記事を読んで興味を持ってくれた方がいたら、是非サイトより登録&ゲーム開始してみてください!



それでは\(^o^)/サヨウナラ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ryou4433

映画「BACK TO THE FUTURE」やアニメ「ガールズ&パンツァー」が大好きな社会人です
HNCCのメンバーであり、趣味で3DCGに手を出したりしてます。
ブログでは主に自分が作った作品や、ゲームのことについて書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。